破廉恥衣装の副作用

 お恥ずかしい話であるが、ストーリークエスト10章は2度攻略した。
 なぜなら、PCの着ている衣装をはじめ、露出的な意味で火力の高いキャラクターが多いためである(ぉ

 何をまた訳のわからぬ事を、とお思いでしょうが、自身のキャラながらムービーモードで表示されると、ついついあらぬところに目が行ってしまい、重要な話を聞き逃したりするのである。

 話を聞く(ストーリーを読む)よりも気になって、SSまで撮影してしまっていたものが以下のとおり複数ある。

9章で例のスケスケ少女が話に絡み始めてからであるが、茫洋とボタンを押しながら画面を眺めているため、セリフの途中で話をすっ飛ばしたりを多発させてしまった。

 だって、横にあんなバストのいけないラインまで透過させていそうな美女がいたら、視界に狂いを生じても仕方ないじゃないですか(バカ)

 で、その後の例には枚挙に暇がない。
 特に、自分のキャラクターがヴァルギリスに着替えてからは被害も拡大傾向。
 あの衣装、以前から凄いと思っていたが、布のカバー範囲が激減した今作から、破壊力が色々な意味で増大している。
 以下のとおり、軽く列挙しよう。


 pso20130417_205532_001.jpg

 ↑クォーツ幼女、コ・レラ嬢のお話を聞くシーンでも、その谷間が気になる。

 pso20130417_201718_000.jpg

 ↑お互い様の破廉恥衣装の少女が、訥々と自身のことを語る間も、股間に目が行ってしまう。

 pso20130420_112821_000.jpg

 ↑かなりシリアスなシーンでアキの話を聞くも、やはりヴァルギリスマジックに負ける。
 まあ、アキのタイガーピアスも大概であるが…。

 pso20130409_211536_000.jpg


 思えば、9章からスケスケ衣装の少女が闊歩し始めてから、狂ってしまった歯車がいくつかある。
 当時、うまくいけばパンチラを拝めるためにウハウハしていたハートブレイカーも、今は影が薄い(スタイルとしてとても好きなことに変化はないが)。

 衣装のお色気が魅力の一つになっている本作であるが、その副作用も小さいとはいえない。
 それにしても、こんな愚かしいことをやりながらでも泣けてしまった10章が良い出来だったのは、やはり間違いないだろう。
 なんというか、古きよきストーリー重視ゲームの残り香を感じた気分である。

 今日は、所属している地域団体の飲み会だっため、ゲームにinしては危険なほど酔ってしまった。
 明日方は、時間が遅くなっても、素面でアークス業務に精進したいと思う。

 アドバンスに行きたいところだが、今日は具合が悪いので寝ておこうと思う。

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シオン

Author:シオン
酔っ払いアークス
チーム「散華痛快」にてのんびり遊んでいます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR