確かに法撃は強い…

 今日は新日課で結構稼げた。
 クロトさんには感謝しきりである。

 さて、TAをやり始めて、色んなことを体感している。
 職業の性能差、というかクエストの進行効率の差?もその一つである。

 今日は、ボスと一緒に何周かクエストを回った。
 ノーマルとハードは、特に効率を考えずともSランクでクリアできるのでいいのだが、問題はベリーハード(以下VH)である。
 特に、銃と相性の悪い敵の多い、惑星リリーパが厳しい。
 
 ヘッドショットを狙おうにも、「頭どこやねん?」な敵が多いのである。
 というわけで、リリーパのVHに挑む時には、ガンナーから法撃職に戻している(今日はFO)。

 ソロで回っているときは気にならないのだが、ボスと一緒に出撃して気付いたことがあった。
 ハードで、二人で銃を撃っている時と、VHで一人が法撃職になって進行した場合、クリアまでにかかる時間が殆ど変わらないのである。

 う~ん、こりゃ確かに、法撃職が叩かれる理由が分かる気がする。
 今までのPSOシリーズからすると、今回は法撃の威力が大変に高い。
 ※個人的には、今までが低すぎた気がするのだが…。

 しかも、ありがちなMPの概念でなく、PPという回復手段の多いリソースで使えるわけだから、使い勝手はさらに良い。
 DC版のフォースが見たら、あまりの強化に、ショックで気絶してしまうレベルだろうw


 フォースで出撃する場合、サブはテクターというスタンダードな法撃職スタイルである。
 クラススキルとしては、フォースの方でチャージPPリバイバルやボルテックPPセイブ10を中心とした雷撃メイン。
 テクターの方ではPPリストレイトやエレメントウイークヒット10などの攻撃傾向の強い構成になっている。

 このことから、機甲種を相手にする場合、ゾンデを中心に使っている。
 これがまた、操作が簡単な上に強いのである。

 PPセイブで燃費のいいゾンデなら、PPリストレイトとPPリバイバルのおかげで、打撃によるPP回復を挟まずとも、チャージで15発ほど撃てる(もっと撃ってるかも…)。
 加えて、TAの敵が結構固まって出現するため、ギゾンデを使わずともゾンデで複数匹に当たりやすいのである。
 効率は良くなるが、他の職業から顰蹙を買うのは仕方ないかもしれない。
 
 フォースであるため、当然脆いのだが、それを補って余りある火力といえるだろう。
 大概の敵は、近づかれる前に始末できてしまう。
 今までは確かに上級者向け、というイメージと実情が合っていたと思うが、今回は違うよなあ。
 ミラージュエスケープと自前レスタのおかげでサバイバビリティは高いし、防御力の低さも補えていると思う。
 自分のパニックを、ノンチャージのアンティで瞬間治療できるのも魅力的。クォーツ戦では、これで何度命拾いしたことかw

 今回のケースでは、機甲種メイン、しかも固まって出る、という条件に依存する部分が大きい。
 しかし、それでも法撃職は今作の優遇組であるということは事実だろう。

 今までの冷遇ぶりから考えれば、1作品くらい勘弁してあげて下さい、とも思うw
  
 ■以下、本日のメモ
 新日課で50万ほど稼ぐ。クロト万歳。
 ナベリウス2でバンサーが赤箱ドロップ!

 pso20130320_144157_000.jpg

 思わず声を掛けるほど久しぶりの赤箱(間違いではないが)…という意味ではなく、本当は「お、ひさしぶり」と言いたかったw

 しかし、中身はショボーン。

 pso20130320_144958_001.jpg
 
 ここはVHクエストだと言っとろうが!orz

 旧日課は一時フォースに戻ったついでに5周。クォーツがチェンジオーバーで一度乱入してきた以外は特になし。
 やっぱりこの時間で、お金を稼いだほうが現実的なのかorz

 今日はかなり遊んだので、肩が凝ってしまった。
 成果とプレイ時間は別物である。

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに法撃強いやね。

下方修正しろや!!ってのは違うとだろ、と、
単に突出して見えてるだけな気が・・・
要はやり方次第かなー。

無双とまでは行かないが

>アニー様

今回のケースでは、多用したゾンデがマシン弱点だったり、固まって敵が沸くなどの条件に恵まれてましたからね…。
他のクエスト全部がこうではないでしょうが、それでも法撃は強いと思います。
バランスを取るのは難しいのでしょうなあ。
運営スタッフの皆様、いつもお疲れ様です。
プロフィール

シオン

Author:シオン
酔っ払いアークス
チーム「散華痛快」にてのんびり遊んでいます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR