クレシダさん、要求がきついですorz

 今まで避けていたオーダーが、今週のキャンペーン対象だなんてorz
 まあ、そうでもなければ、ずっと避けていた気もするが(ぉ

 というわけで、今週のキャンペーンオーダー「あんたの実力、見せてもらうわ」に挑戦。
 今日は23時前にinしたのだが、宿題をこなして終了であった。
 忙しい週に限ってこれだから泣ける。

 それにしても、相変わらずというか、テキストに違和感を覚える。
 上記オーダーのクリア報告時に暮志田さんが「もらい泣きしそう」との表現を用いていたが、
 一体、誰から「もらい泣きしそう」なんだ??? 

 報告者であるプレイヤーキャラ(以下PC)と、報告を受けるクレシダさんしか、見当たらない状況下での発言である。
 となると、「もらい泣きしそう」なクレシダさんはまだ泣いていない状態になるので(というか、自分から自分がもらい泣きする奇特人間は居まい)、普通に考えると、泣いているのはPCという事になるのだが…。

 自分の達成したオーダーを、泣きながら報告なんてするものだろうか?
 それこそ、ブラック企業のモーレツ社員が、自己陶酔しているようで、非常にキモイ。
 「うおォん、今週の売り上げを報告しますッッッ(号泣)!」 
 うーん、勘弁して欲しいレベルである。

 それとも、見えない第三者が近所にいて、報告の場面を、泣きながら見ているのだろうか?
 確かにファンタジーだが、いきなりそんな要素を入られると、唐突過ぎてこれまたキモイ。

 いずれにせよ、細かいところだが、もう少し、日本語に気を使って頂きたいものである。
 多数のユーザーがプレイする、オンラインゲームのシナリオ担当。これは、洗練されたプロフェッショナルのする仕事のはずである。
 私が誤字脱字を連発しながら書いている、素人の日記とは根本的に話が違う。
 そこは、面白いストーリーにするという信念と、人気ゲームのシナリオ担当というプライドを持って取り組んで欲しいと思うのである。

 ストーリーの良し悪し、文章の切れ一つで、ゲームはより輝くと思う。
 反面、おかしな文章の一説で、急に精彩を失う可能性も、当然あるのだから。

 珍奇な同人用語や、プレイヤー置いてけぼりの感が否めないシナリオやテキスト。
 懐古厨といわれても仕方がないが、PSO当初のほうが、綺麗なムービーはもちろん、文章量は少ないながら、ストーリーの完成度が高かったように思えてならない。
 思い出補正による部分が、かなり有るにしても、である。

 とはいえストーリーに関しては、プレイヤーそれぞれの感想がある。今回のシナリオが気に入っている、という方も、もちろんいるだろう。
 今回は自分が個人的に、入り込めないだけかも知れないからなあ。

 そんな愚痴をこぼしつつ、無事に宿題が終えられたのでまずまず。
 今週はまだ火曜なのに、何かときつい。 
 宿直もあるのでゲームは控えめになりそうだが、空いた時間でボチボチ遊んで行こうと思う。
 さて、今日も早めに寝ておこう。


 ブログランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、とても励みになります。

ファンタシースターオンライン2(PSO2) ブログランキングへ 

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

申しわけございません。
いつも(シオンさんが)泣きながら(シオンさんが)
報告している(シオンさんが)ものだと勘違いしておりましたw


冗談(?)はさておきストーリーはほんともうね…
個人的な感想としてPSU、PSO2のストーリーって
押しつけがましい感じがして、どうしても好きになれないのよね。。
(PSO2はPSUに比べてだいぶマシだけどw)

私も思い出補正もあってかPSOはわりとよかったかなという印象
レッドリングのリコの捜索を目的に、次々ダンジョンを突破していく
ミッションとストーリーが無理ない比率で収まっていたのかな…。

私自身、ストーリをあまり重視しないプレイヤーであるが故ではありますがねw


No title

>PLIN 様
いくら私でも、そこまで珍妙な真似は致しません。
面倒なオーダーに、悪態をつきながら報告する事なら有るとは思いますが(ぉ

さて、PSUは開始して数時間でやめたので(ソフト、専用キーボードまで買ったにもかかわらず)ストーリーについては未知数…。
ですが、お仕着せ的な話は私も苦手ですねえ。

「良い話だろ?感動するだろ?」的なノリだと、アレルギー反応が出て、進行を放棄してしまいます。

大勢いるハンターズやアークスの一人である以上、プレイヤーキャラクターをストーリーの中核に組み込もうとすると、無理が出てしまうのかもしれませんね。
そこを、プロの御業で、上手く表現して欲しいとも思うわけですが。

PSOがそうだった、「話の背景やバックボーンが気になったら、ストーリーに触れてみれば良い」。
そんなスタンスは、確かに付き合いやすいし、かえってストーリーを深読みしたりしたものですw

プレイヤー自体もたくさんいるし、万人受けすることは難しいんでしょうね。
特にストーリーでは、その傾向が顕著なんだろうなあ。
プロフィール

シオン

Author:シオン
酔っ払いアークス
チーム「散華痛快」にてのんびり遊んでいます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR