超レア武器は必要か?

 個人的には、ほしい。
 出ること自体が奇跡レベル。
 そんな武器があっても良いと思う。

 超レア=最高性能ではなくても全然OK。
 DC版PSOの最高レアの一つであったオロチアギトも、希少性は最上位であり、攻撃力も最強クラスであったが、フォトンが絶対に付かないという特性(今で言う属性が0固定みたいなもの)だったので、性能としては微妙…というか、モーションの都合もあり、全然強い武器ではなかった(苦笑

 だが、そんな微妙な性能(失礼w)であるオロチアギトが、今もこうして自分の頭に焼き付いているのは、その強烈極まりない希少性があったからこそ、という部分が確かにある。
 DCとGCのPSOをオンラインで遊べた時間はごく僅か(特に前者)だったが、正規の手順でオロチアギトを発見した、というハンターズには、結局めぐり会える事はなかった。

 あまりに○○過ぎるという表現は好きではない。
 よく目にする
 「美人過ぎる○×」だとか
 「可愛すぎる△□」とか、
 煽るほどの要素を感じないことばかりで、逆にゲンナリしているのかもしれない。

 しかし、自分の記憶に色濃いものの中に、
 「あまりに~~すぎて」
 伝説として刻まれているものも確かにある。

 たとえば、正攻法で勝つ事自体がやり込みとまで表現される、SFC版MM2のテッドブロイラー。
 難易度が下位であるにもかかわらず、色々間違えまくった強さで実装されてしまった某狩猟ゲームの、下位ヴォルガノス。

 例に出した二つは、その理不尽とも言え強さによって齎されたものだが(単に調整ミスとか言われることも多いがw)、人の記憶に残るという事において、意図するしないを抜きにして、見事に記憶に焼きつく事に成功している。

 DC版やGC版の頃とは、確かに時代が違う。
 それでも、PSOシリーズの端緒として、往年のハードで輝いたPSOシリーズの魅力が、確かにあった。
 
 石集めで手に入る、コレクトファイルで手に入る、最高峰武器を否定する気は毛頭ない。
 ただ、そういうものとは別にして、本当に「それ」だけが欲しいと思う一部の濃いアークスたちが、強さとは別のステイタスとなるものとして、激烈レアの存在を求める遊びも、あって欲しいな、と個人的に思う。
 
 過去作から既に、性能とは一線を画した個性的何かを有する武器がたくさんあった。
 今ではゴロゴロ出るガルミラだが、かつては軽く500時間を費やしても、その片割れすら手に出来なかったものである。
 ※ガルミラを手に入れるには、ガルドとミラという銃(当時で言うハンドガン)が必要だったのだが、その片方を専門に500時間掘っても、出ないことが当たり前だった。

 今も昔も、レアリティ表示はアテにならないのはもはや伝統なのかw
 ともかく、そういう強さとは直結しないが、ステイタスとなる武器が存在しても、それはそれで面白いし、好きな層にはたまらん要素だと思う(自分とかw)
 
 色んなものの積み重ねで、今があると感じるPSO2
 回顧厨と言われればそれまでだが、そんな思いを引きずりながら遊んでいる層も、こうして実在するw 
 過去から取り入れるべきは取り入れ、中年の心、上手にをくすぐる要素があってくれたら嬉しい。
 もし何か、自分の琴線を引っかく要素が実装されたその時には。
 それこそ、学生だった当時とは違う、マジックパワー使いまくりなんてことも、あるかもしれないw

 ブログランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、とても励みになります。

ファンタシースターオンライン2(PSO2) ブログランキングへ
プロフィール

シオン

Author:シオン
酔っ払いアークス
チーム「散華痛快」にてのんびり遊んでいます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR