Foでエリュを持つのは諦めました(ぉ

 要求される打撃力=500…。
 この壁は、厚かったorz

 レベルキャップ65時代に作った、打撃35振りのマグを装備しても、あと足りず。
 新たにマグを作り直す気にもなれないので、今回は泣く泣く見送る事に。
 打撃35振りのマグがあるのに、打撃37振りのマグを作る気には、どうしてもなれなかったw

 さて、数値的な問題はもちろんだが、他にも理由がある。
 まず、エリュシオンが風特化であるということ。
 サ・ザン(効率カスタム)とイル・ザン(広範囲カスタム)はとても重宝しているのだが、問題はクラススキルである。

 Te/Foで遊ぶ場合、テクターのスキルはウインドブーストを中心に、その他のスキルで構成している。
 風スキルをメインに、エレメントウィークヒットとPPリストレイト辺りに振っている。
 PPコンバートを諦めても、スキルポイントはカツカツである。
 Foの側ではエリュシオンを運用するためにノーマルテックアドバンスなどを取得している。
 Te/Foであれば、なんとか運用できるといった状態である。

 これが、メインFoになった時、エリュシオン活用のためのスキルがとても重い。
 特に、エリュシオン以外ではあまり使わない、ノーマルテックアドバンスの10が痛い。
 チャージPPリバイバルなしに動けるような腕前は当然ないので、あまり使わない炎系の前提ポイントがきつい。
 そして何より、Foをやるのであれば是非とも使いたいスキル、エレメントコンバーション!
 これの5ポイントも辛い(こんなんばっかりだなw)。

 また、エリュシオンだからと言って、全ての状況でノンチャージテクニックばかりを使うわけでもない。
 補助、回復はもちろん、サ・ザンとイル・ザン以外のテクニックも、当然使う場面が多い。
 そうなると、もう二足どころか三足、四足の草鞋を履くことになってしまい…。
 ええ、履けるワケがありませんw

 万能型にするにはあまりにスキルが足りず、武器を揃える資金面での問題もある。
 となると、メインで運用を考える属性で、ある程度妥協しなければならない。

 Fo/Teで主に使いたいスキルは、
 タリステックボーナス
 エレメントコンバーション
 チャージテックアドバンス1と2
 アイスマスタリー1と2
 法撃ハイアップ…等
 
 イル・バータが強烈なので、氷系統と法撃ハイアップまで取ると、必要スキルだけで、もう限界である。
 で、タリステック&エレコンとあわせてイル・メギドとイル・グランツを使いたいとなると…。
 そう、テクター側でもウインドマスタリーにまわしているポイントが、無いのである。
 光系統を切って風系統にポイントをまわす、と言う手段も確かにある。
 が、PPリストレイトが無いのは厳しい。あまりにも厳しい。
 なにせ、あっても厳しいくらいなんだから(ぉ

 ある程度の属性特化構成にしなければ、期待する火力が出ない。
 これは何も、今に始まった事ではない。
 属性ごとにスキルツリーを用意し、武器を揃え、それでやっと、満足に戦えるようになる。
 プレイヤーの腕前が不足していると言う致命的な問題はおいておき、法撃職には金が掛かる…。
 
 クラススキルを精査すれば、もう少し上手に運用できるのだろうが、現在それもふくめて悩んでいる最中である。
 ただ、それを考えても、エリュシオンを装備するためだけに掛かるコストが、重い。

 時間的な問題もあるのだが、「装備するために打撃を振る」=「打撃のために法撃を削る」の図式になる。

 1.厳しいスキル振りを行って、マグを作り直して、エリュシオンを装備し戦う。
 2.素直に法撃特化マグを使い、その他の杖で戦う。
 
 コスト・時間の面から見ると…今は諦めるべきだと判断せざるを得ない…orz
 思い入れのある武器だから、何とかFoでも使いたかったのだが、さすがに厳しかった。
 今後、キャラクターやマグレベルキャップの解放等で、装備環境は確実に変わる。
 まあ、かなり先の話になりはするが。

 他の職業以上に、クラススキルに悩みの尽きない法撃職(個人の感想です)。
 全スキルリセットパスと言う必殺技がまだ使えるので、しばらく悩みながら運用していこう。
 その必殺技を使うと、動けるようになるまで軽く数時間かかるのも問題だがw

 ブログランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、とても励みになります。

ファンタシースターオンライン2(PSO2) ブログランキングへ
 

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

シオン

Author:シオン
酔っ払いアークス
チーム「散華痛快」にてのんびり遊んでいます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR