ついに勝ったああああ!!!!

 ※自分でも笑うほど長いです。閲覧にはご注意下さい。



 そう、拉致は突然に…!
 pso20140420_230824_001.jpg

 鳴り響く警報、赤くなる画面。
 雪辱の機会がやってきた。
 今回こそ、負けるわけには行かない。

 というわけで、目指したのはノーミスクリア。
 正直、スケドの1個くらいは覚悟していたのだが、終盤の最難関を乗り切ることができたため、目標を達成することが出来た。
 いやあ…辛かった。そして、疲れた。
 もう2度とゴメンなのだが、発生すればどうにもならない。
 まあ、クエストを破棄すれば良いだけの話なのだが(ぉ

 今回拉致されるにあたり、このゲームを始めて以来、最も真剣に操作したと思う。
 上手な方にとっては、ただのボーナスステージであろうアブダクション。
 それは私にとっては、生還の望みがほぼない、いわば死の宣告なのである。 

 そんな死の宣告を弾き返せる武器が、私の手の中にあった。
 言わずもがなの名銃、ガルド・ミラである。
 攻撃しながらHPを回復できるという、作品中でも屈指の優秀な潜在を備える貴重な銃である。
 現状、ガンナーの性能も相俟って、生存率の高さで言えばトップクラスなのは疑いの余地がない。

 そんな銃を持ちながら、先日アブダクションされたときは、クエストに失敗して敢え無く強制送還。
 ※出来るなら最初からやらせろよと思うのは私だけなのか
 という事で、この機会に何とか雪辱を果たすべく、スタートから慎重に攻めていく。

 一番厄介なのは、何と言っても侵食ヘリ。
 ミサイル攻撃を綺麗にもらえば、1000以上のHPも一瞬でカラになる。
 この鉄屑との位置関係を警戒しつつ、ダーカーを排除していく。

 指折りの厄介ザコがひしめくクエストだが、厄介さの順位をつけるならこんな感じか。
  
 1位:リューダソーサラー
 「●ね!!」
 と思わず叫びたくなる。というか叫んでいる(ぉ

 遠距離攻撃、高い火力、飛行、ワープ…。
 書いているだけで頭痛がしてくるレベルである。しかもタフ。
 ザコの中では、最優先で始末すべきだろう。

 2位:サイクロネーダ(玉の方)
 リーチが長いので、視界の外から攻撃されて存在に気付く、なんて事も。
 おまけに当たるとかなり痛い。
 コイツもタフなので、始末するにも骨である。
 股間を破壊したいところなのだが、乱戦では悠長に狙っていられないのも辛い。

 3位:ディカーダ全般
 高火力の連続攻撃、ワープ、怯みにくいと、厄介さの三拍子が揃っている。
 自身の状態にも寄るが、囲まれると一瞬でお花畑になる火力が脅威である。
 アーマーが付いているため、攻撃動作に入られると止めづらいのも厄介。
 
 これらが集団で湧くのだから、堪ったものではない。
 クリアできたから良いようなものの、数の暴力とは恐ろしいものである。


 エリア1はヘリを最大限に警戒しつつ、割と順調に進む。
 ダメージゾーンが厄介極まりないが、ガルミラのおかで、あまり気にせずにすむのは大変ありがたい。

 エリア2も、前半はヘリに気をつけながら、丁寧にザコを排除していく。
 問題は後半、ボスラッシュゾーンである。
 
 大型ダーカーと、
 ダメージゾーンの多いところで、
 おまけに高低差が酷い地形で、 

 という3重苦の戦いをせねばならない。
 無茶言うな!の一言なのだが、クリアできないことはないはずである。
 なので冷静に状況を整理し、一つずつ足場を固めていくべきなのだ。

 というわけで、ボスエネミーと事を構える前に、取り巻きを丁寧に除去。 
 ボスエネミーに本気を出される前に、少しでも生存率を高めてから喧嘩を売ろう。
 覚悟を決めて、まずはラグネから。
 pso20140420_233543_003.jpg

 ザコさえ始末すれば、そう厄介な相手でもない。
 そこそこの火力があれば、部位破壊を順次しつつ、体力の大半を奪うことが出来る。

 お次は前回の敗北原因、憎き赤亀リグシュレイダ。
 pso20140420_233856_004.jpg


 ザコを排除し、適切に距離を取りながら戦う事が出来れば、勝てない相手ではない。
 途中、壁を背にして危ない場面もあったが、今回は撃破に成功。
 ひっくり返っているのが良い気味である(ぉ 

 そして来る、最大の難所…。
 pso20140420_234317_005.jpg
 レアダルマ&レアリンガの凶悪コンビ。
 ボスだから強いのは当たり前なのだが、それにしたって攻撃性能の高い組み合わせにしたもんである。
 しかもザコつき。悪い意味で、製作者の意気込みが伝わってくる。
 
 この2匹、攻撃の追尾性、火力、機動力のすべてが高くて厳しい。
 おまけに周囲のザコも、鳥に鉄球にカマキリにと、まさに最悪。 
 ボスのヒューナルエリアより苦労した(本当に)。

 ここで何度か死を覚悟しつつ、必死で交戦。
 雑魚を少しずつ減らし、ようやくボスと1対2に。
 しかしまた、このダルマが強い!

 血反吐を吐きながら攻撃を続け、どうにかこうにか撃破に成功。
 自分の腕では、ガンナーでガルミラじゃなきゃ、まず勝てない。
 それでも怪しい場面が何度もあったのだがorz

 サシになれば何とかなる…のだが、レアリンガも普通に強い。
 特に渦巻き攻撃を喰らうと、一瞬で死が見える。
 ビット破壊のタイミングが悪く、露出した弱点が地形にめり込む等、泣ける戦いにw
 しかしそれでも、こっちはガルミラ。
 時間はかかるが、普通に戦えば勝つ事が出来る。
 pso20140420_234650_007.jpg

 個人的には、ここのダブルボスエリアが一番きつい。
 なので、峠は越えた感じなのだが、やはり最後までクリアせねば意味がない。
 気を引き締め、最後のエリアに進む。

 擦れた通信が、緊張を煽ってくれる。
 pso20140420_234756_008.jpg

 回復装置に入り、転送装置に入れば、最後の戦いである。
 さあ、勝負だシオン!とその他大勢!(ぉ
 pso20140420_234827_009.jpg

 クローンはSRJAを使ってこないので、数ある職業の中ではラクチンな相手である。
 まあ、使われたらたまったものではないが(怖)。

 ザコ同伴で襲ってくるシオンだが、上記のとおりクローンガンナーは低火力なので、そんなに苦労しない。
 ザコと一緒に始末して、閣下との戦闘に備える。

 途中、閣下をガン無視する格好になるため、気分を害されたらしい。
 ライダーキックできついツッコミを入れられた。
 
 そんなこともありつつ、クローンとザコを排し、閣下との直接対決。
 期待してはいけないが、それでも可能性を高めたくなるのが人情というもの。
 pso20140420_235007_010.jpg
 
 まあガンナーだから、ロックして撃っていれば、勝手に壊れるのだがw
 これで剣モードの時間は減るし、戦いやすくなるので問題なし。
 pso20140420_235100_012.jpg

 交戦を続け、ようやっと膝を付かせることに成功した。
 思わず、叫んだ瞬間だった。

 これで、この勝利で、せっかく自分のところに出てくれた、ガルミラに顔向けが出来る。
 ああ、疲れた…でも、勝ててよかった…。

 最後にはきちんと報酬を貰い、無事に帰還。
 pso20140420_235156_013.jpg
 2個目のブーストオーラも、ソロ達成という事で、なんとも嬉しい。
 クロト銀行からはもらえないが、クリア報酬で20万メセタも結構美味しい。
 苦労に見合うかと問われると微妙だが、何も貰えないよりはマシである。


 レベルキャップ解放やら武装品の強化やら、今の難易度のままということはないアブダクション。
 そのうちもっと、攻略は楽になるのだろうが、今回成功できたのは幸運だった。

 同じ条件で、借りを返す事が出来たのは、ヘタクソにはとても嬉しいことである。
 瑣末事ではあるのだが…、物凄く疲れたが…、最後の最後に、充実した日曜日であった。
 さあ、祝杯上げて寝ようw

 ブログランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、とても励みになります。

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

シオン

Author:シオン
酔っ払いアークス
チーム「散華痛快」にてのんびり遊んでいます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR