ハッキングの被害が補償されました!!

 悪夢のような出来事から、随分と時間が経った。
 本日、その最後の結果を日記で報告できる事を、とても嬉しく思う。 

 詳細について書く事は出来ないが、メセタをはじめ、各種のアイテムの補償に至るまで、しっかりと運営に対応していただいた。
 事が事なので時間はかかってしまったが、最終的になくした者が帰って来てくれたのは、ものすごく嬉しい。
 OTP導入前の事件だったので、どのような決着になるかは未知数であったが、こうして幸いな結末を書けるのは、不幸中の幸いである。
 応援してくれた全ての皆様と、きっちり対応してくれた運営に、あらためて感謝を。
 これでまた、明日からもゲームに精を出すことが出来ます。
 本当に、ありがとうございました。


 正直言って、何が無くなったかを把握しきれていなかった。
 しかし、補償されたアイテムを眺めると、短時間でよくもまあ、これだけ売り捌いたものだと思う。
 
 ここの所、OTPの導入によりハッキングの被害は減っているようで何よりである。
 OTPが未導入だという方には、即刻導入することを、強く推奨する。
 少々面倒かもしれないが、現状できる最低限かつ最高の自衛手段である。
 決して他人事と思わず、ご自身のキャラクターと資産を、しっかりガードして下さい。

 ともあれ、ここまでゲームを続けてこられたのは、ひとえに周囲の皆様のお陰である。
 あらためて、お心遣いを頂いた、全ての皆様に感謝を。
 
 ようやく終着となったアカウントハッキングの被害だが、良い機会なので、改めて自衛をお勧めしたいと思う。   

 「OTPの導入」
 ともかく、これに尽きる。
 現在、ハッキングの被害にあった際の、最低限の補償条件として、OTPの導入は必須となっている。
 公式サイトにも明記されているし、導入せずに被害に遭ったのであれば、補償の道はその時点で閉ざされてしまう

 被害を受ける前に、自衛策を講じる。
 これが最も簡単であり、また確実なのは間違いない。

 被害に遭わなければ、補償を受けるために割く時間を、他の事に使う事が出来る。
 運営からの連絡を、一日千秋の思いで待つ必要も無い。
 
 しかしもし万が一、被害にあってしまったら。
 運営への連絡はもちろんだが、警察機関への相談も必要である。
 被害を受けたのはプレイヤーであるが、実際には、ゲームを不正に操作された運営会社が、法律上の被害者となる。
 プレイヤーは、あくまでも事件の参考人という立場に過ぎないのである。
 真剣に補償を望むのであれば、警察への相談は必要になると思って良いだろう。
 被害に遭わないのがもちろん一番良いのだが、いざという時には取らねばならない措置である。

 もし今、この日記を読んでいて、泣き寝入りをしている方がいたら、すぐに地元の警察に相談して欲しい。
 ネット全盛の昨今、サイバー犯罪対策部署は、ほぼ全ての都道府県警察に設置されているはずである。
 たとえ警察署のサイトに窓口がなくとも、都道府県のサイトに問い合わせを送ることでも、返事がいずれ来るはずである。
 事実、私は地元県のサイトに問い合わせることで、県警の担当部署から連絡を受けることが出来た。

 諦めてしまうのは簡単である。
 しかし、悔しくはないだろうか。腹は立たないだろうか。
 せっかく、長い時間をかけて積み上げてきたものが、第三者の手で蹂躙される。
 アカウントハッキングが歴然たる犯罪である事はもちろんだが、個人の怒りという、切実な問題もある。
 であれば、補償を受ける手続きの一環と思い、警察へも相談をして欲しい。
 警察からの指導や捜査であれば、一被害者であるプレイヤーの訴えよりも、会社として動きやすくなる。
 ハッキングを行った連中の情報を、警察や運営が収集することも出来る。
 以前も書いた事だが、一人二人の被害者の声よりも、100人、1000人の被害の声となってくれば、話が変わってくる。
 OTPが導入されたのも、ハッキング被害の報告が多かった、という事実があるはずである。
 ただ諦める事はせず、せめて何か、意趣返しをしようじゃありませんか。
 もし、一件の相談が増え、その情報が元で犯人が逮捕でもされたら、そんなにスッキリすることはない。

 ただ不思議なもので、被害に遭えば、その復旧のために頑張れたりする。
 だがそれは、本来必要のない労力と言えるだろう。
 被害に遭わないよう、事前に対策を講じる手間のほうが、よほど簡単で時間もかからずに済む。
 
 
 私も体験したとおり、今の世の中、サイバー犯罪に巻き込まれるということは他人事ではない
 自分も被害者になる可能性があることを決して忘れず、各々で対策を取っていかねばならないのである。
 運営にできる事は限界があるし、今は個人で出来る簡単で効果的なOTPがある。
 しつこいようだが、未導入の方には、今すぐにでも導入していただきたい。

 「ああ、あの時OTPさえ入れておけば…」

 そう思っても、手遅れなのである。
 もしも何かあったときの、保険という側面も備えるOTP
 少しの手間で、安心の保障が得られるOTPを、入れない手は無いだろう。
 

 少しくどい内容になってしまったが、とても大事なことだと思うので、繰り返し書くことにした。
 明日からの皆様のゲームライフが、より素晴らしいものでありますように。


 ブログランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、とても励みになります。

ファンタシースターオンライン2(PSO2) ブログランキングへ

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

シオン

Author:シオン
酔っ払いアークス
チーム「散華痛快」にてのんびり遊んでいます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR