ガンスラッシュの可能性が広がっている

 今日は、実に色々な事があった。
 つい先ほどまでinしていたのだが、こんな時間までゲームをするのは久しぶりである。
 オンラインゲームというのは、何かと奥が深いなあ。

 夕方まで仕事と戦っていたが、18時前には帰宅することが出来た。
 朝のうちにチームオーダーの準備を整えたので、夕方からはクライアントオーダーを中心に回る。
 やはり、フューリースタンスの火力が気になるのである。
 
 ハンスのオーダーで半端に残っていたバリドランとキャタドランサを討伐するため、まずは浮遊へ。
 3周目がすごかった。

 まずは、久しぶりのクローン。
 なのだが…

 pso20130427_172707_000.jpg

 右のログを見ていただきたいのだが、このクローンさん、セリフが全て「…」なのである。
 なんという威圧感。
 登録されたセリフが何かと面白いクローンだが、今回は怖かった。
 無言で襲ってくる恐怖とは、こういうものだろうか。

 クローンを撃破した後、これまた久しぶりなワープゲートが。
 発生音は完全に聞き逃していたw

 pso20130427_173233_003.jpg
 
 で、飛ばされた先にいたのは…

 pso20130427_173254_004.jpg

 前に襲ってきた2匹と同じコンビであったw
 ラッピーの大群といい、今回といい、自分は同じパラレルにばかり縁があるらしい。
 それはともかく、戦闘開始。
 以前に一度戦ったことのある環境なので、比較的冷静に対処できた。

 しかし、寒冷地だけあって?ドロップはショボーン。

 pso20130427_173835_006.jpg

 ログベルトに至っては、メセタ4個!
 まあ、いつもの事と言われれば、それまでなわけだがw

 と思いきや、ディスクを良く見たら中々の落し物。

 pso20130427_173849_008.jpg

 タイトルの理由がこれである。
 サブハンターというのは、底上げの安定感もあって、なかなか優秀なのだそうな。 
 ちょうどスキル+5のクエストも考えていたところだし、分不相応な武器も入手してしまっている。
 特に狙った訳ではないが、運用の条件が整いつつあるのだ。
 これは、やはりガンスラッシュを運用せよという神の意思なのだろうか(ぉ
 
 使って面白いという話も聞くし、なんとも悩ましいところである。
 せめて、テクターのレベルがカンストしていれば良かったのだが、つい先日レベルが58になったばかり。
 途中で育成を中止するのは、なんとも具合が悪い。
 あくまで気分の問題なのだが、難しい問題である。

 その後、ボスと合流してVHのTA3種をクリア。
 今日はお財布が結構な勢いで潤った。
 また無駄遣いをしてしまいそうで怖い。
 ミク服も値下がりしているし、このままでは結局買ってしまいそうであるw

 ここで時間は22時半前。
 しばらく待てば、キャンペーンでDFがお見えになる。
 一息ついた所だったので、人の多いシップに早めに移動することに。

 ロビーで開始待ちをしていると、行き交う人の数がすごい。
 ゲームも重たくなるので、いつもどおり適当なクエストを受注し、キャンプシップでファルス閣下を待つ。

 募集文にもしていないので、普段なら誰も入ってこないのだが、今日はなぜか参加者が。
 口数がずいぶん少ない人であった。

 初めてのヒトを放置してボスと会話、というのも気が引けるので、無言のまま時が進む。
 なんとも微妙な空気である。
 一応、話を振ってみたのだが、返事はなかった…orz

 そんなこんなで開始数分前になったところで、先日からgjを頂戴している、例の読者様からwisが!
 ちょうど時間が空いたらしく、DFご一緒のお誘いだった。
 これは光栄である。ついにこの日が来たか!という感じ。

 と思いきや、待機用に作ったノーマル森林クエストが、参加者12人になっていて入れないとの事。
 考えることが同じ人たちが結構いるんだなあ。

 何とかならないものかと思案しているうちに23時になり、閣下の到着アナウンスが流れてしまう。
 諦めかけたその時、空きができて無事に合流できた。
 どうやら、戦地に旅立って部屋の人数が減ったらしい。
 
 で、久しぶりの4人体制でアーム戦へ。
 何度かアームを撃退したところで、口数の少ない参加者さんがレベルアップ。
 と思ったら、その途端に部屋から退出。
 レベルアップだけが目的だったのか、単なる回線落ちなのか…。
 唐突だったので、ボスも合流できたEさんも、もちろん自分も首を傾げるばかり。
 オンラインゲームは奥が深い…。

 その後、無事に閣下を撃退。
 さらに、今日は全腕の破壊に成功した!
 いやー、やっぱりこれが気持ちが良い。
 ドロップは黄色い絨毯だったがorz

 と思いきや、またもや事件発生。
 なんと、閣下を撃退し、まさにドロップを手にするその瞬間、ボスがまさかの回線切断!
 またもEさんと首をかしげる。

 その後、過ぎに復帰したボスに話を聞いたところ、回線の不具合ではなく、PC本体の問題らしい。
 それにしても、何と言うタイミングの悪さだろうか…。

 事の顛末を聞くため、再合流して再び3人PTとなる
 せめてもの救いは、レアアイテムのを目の前にして、という状態ではなかった事。
 ボスドロップの赤い石を割る直前に、ブツっと落ちてしまったのだそうな。
 なんとも世知辛い話ではあるが、怒りを向ける先がないからなあ…。
 この時のボスの心中は、察するに余りある。

 そんな切ない事件から何となく話が続き、気が付いたら2時前であった。
 何かと濃い内容の話が出来て、とても充実した時間をすごすことが出来た。
 Eさん、ボス、ありがとう!ございました!

 本当はもう少し詳しく書き留めておきたいのだが、何せこんな時間。 
 既に結構な文章量になっているので、この辺りにしておこうと思う。
 幸い本日は休日だが、何時まで寝てしまうのか、少し怖いところであるw 

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

Author:シオン
酔っ払いアークス
チーム「散華痛快」にてのんびり遊んでいます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR